高度活性化NK細胞療法の治療事例

症例18:胆管癌(肝門部胆管癌)

手術しても予後は厳しいとの説明
高度活性化NK細胞療法と低用量の抗がん剤で完全寛解

71歳 男性

受診前、胆管の狭窄にて、黄疸が出現し、ステントを挿入して直後、2016年10月の受診でした。

主治医から手術しても予後は厳しいと説明を受け、手術しないことを決めて受診されました。

当院医師、さらにはその紹介医師からも、セカンドオピニオンとして、手術を勧められたものの、やはり非手術の意志は固く、ならばと、高度活性化NK細胞療法とごく低用量の抗癌剤(ジェムザールとシスプラチン)を用いた治療をスタートしました。

通常ならば、腹水や黄疸が出現し、肝臓にも転移が広がるのですが、そういう症状は一切なく、とてもお元気に通院され、抗癌剤の副作用も一切ありませんでした。

そして、なんと、驚いたことに、2017年2月27日現在、CTで肝門部にあった癌は認められず、新たな転移の出現もなく、完全寛解(CR:Complete Response)の状態になっております。

物静かに、淡々と癌に対峙しておられ、それまでの生活ペースを乱さない、癌治療の理想はこうだというお手本のような方です。

※当クリニックにおける高度活性化NK細胞療法の治療例です。

ページトップ

  • 資料請求
  • 治療に関するお問合せ
  • 個別無料相談会
  • 資料請求
  • 個別無料相談会
  • 治療に関するお問合せ
  • 有料初診相談
博多駅前クリニック 医療法人社団 聖友会 内藤メディカルクリニック
 
Copyright 2006-2018 Hibiya Uchisaiwaicho Clinic. All Rights Reserved.