再発リスクが非常に高い小細胞肺癌

症例11:小細胞肺癌

再発リスクが非常に高い小細胞肺癌
高度活性化NK細胞療法で再発せずに5年経過

67歳 女性

平成22年10月に血痰症状から精査した結果、右上葉の限局型小細胞肺癌と診断され、平成22年11月から平成23年2月まで化学放射線療法を受けられた患者様です。

小細胞肺癌は抗がん剤の感受性が高く、非常に高い治療効果を得られます。しかし、その反面、再発率が非常に高く、再発後の抗がん剤治療の効果は低下していく傾向がある疾患です。そのため、生存期間中央値は限局型小細胞肺癌の場合で約24ヵ月と報告されております。

この患者様が当院を受診された時は、すでに主治医での第1選択治療が終了し、わずかにリンパ節の腫大を認める程度でした。

その為、主治医での治療はすでに終了しており、経過観察の状態でした。

この患者様のご家族は、再発後のコントロールが非常に難しいことを良くご理解されており、再発予防目的での高度活性化NK細胞療法の導入を希望されます。
平成23年4月下旬より高度活性化NK細胞療法を1ヵ月に1回のペースで開始されます。

平成24年1月の高度活性化NK細胞療法11回施行後のCTでは、わずかに残っていたリンパ節の腫大も消失しておりました。
高度活性化NK細胞療法もそろそろ終了可能な状態まで改善されていました。

しかし、この治療期間にも放射線治療の合併症による肺炎や、免疫力低下に伴う帯状疱疹を発症されていた為、体調をサポートする意味を込めて、継続治療を希望されます。

この時点で、すでに発症から1年経過しており、再発の可能性も随分低下してきていました。

その為、高度活性化NK細胞療法を3クール目からは、3ヵ月に1回のペースまで投与間隔を延ばし、発症から5年経過した平成28年時点でも、元気に通院治療を受けていらっしゃいます。

※日比谷内幸町クリニックにおける高度活性化NK細胞療法の治療例です。

ページトップ

  • 資料請求
  • 治療に関するお問合せ
  • 個別無料相談会
  • 資料請求
  • 個別無料相談会
  • 治療に関するお問合せ
  • 有料初診相談
博多駅前クリニック 医療法人社団 聖友会 内藤メディカルクリニック
 
Copyright 2006-2018 Hibiya Uchisaiwaicho Clinic. All Rights Reserved.